カテゴリ
全体
近況
らくがき。
絵事
食生活
思い出
スケッチ
課題
作業記録
ライフログのログ
歌ってみた
お薦め
未分類
お気に入りブログ
Yokohama N-D...
cafe花猫
ハラ八分目
KONNTONN.EXB...
最新のコメント
仕事をしながらの作業は大..
by pk-102 at 21:13
>>混沌くん あり..
by hohoiman at 19:59
ハッハッハwそう感じてい..
by hohoiman at 19:38
ブログパーツ
以前の記事
2013年 10月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月


<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぐだぐだぐだぐだ言ってやる。


賢者ってたしか頭が良すぎてあえて何もいわねぇんだぜとかいう話を聞いたことがあるけど、まったくもって彼らのそれを理解というか享受できない俺はきっとやはり彼らのそれからすると掛け離れた凡人であるなぁと思って笑ってみて、そして安心する。

そりゃあ人間自分の言ったことには責任をもたなきゃいけないと思うし、だから覚悟もいるんだろう。下手すると、誤解されると、さてどうなるか、きっとその行き着くものが怖いものなんだろうなぁ、わかるわかるよ、とも思う。

だけどそんなんだからこそ自分のいいたいことっていうのは悩んで悩みつくしてでもいいから言った方が良いと思う。別に口にできなくてもよくてなんでもよくて、例えば素っ裸になって踊ってみたりするとかそんなんでも良いと思う。なぜならって、上手くいえないのだけれど黙っていちゃそれこそ俺からしてみたらワケがわからない、わからない。俺が思うにそれはきっと伝わらないってことに他ならないんじゃないかと思うのです。

だから目の前の誰かに俺はもうとにかく、ぐだぐだぐだぐだ意見もとい狂言を申し上げたいと思うのです。


ふと思ったけど自分の意見の責任というよりかは、その意見の元となるものを自分に取り込むことの責任を強くもつことのほうが大切なのではなかろうか。
どうせ自分の意見なんて良い様に受け取り側に料理されるわけだしね。
[PR]
by hohoiman | 2006-02-28 23:22 | らくがき。

飛べ、躍れ、俺の心

男のロマン ~飛猿~


今月は春休みに入ってからどうも精神的に調子が悪く、なにをするにも鬱屈として参る日々が続いていた。このブログにしても、なにかしら書きたいことはあるのだがそれがどうもなにかしら強迫観念みたいなものを感じて至極カッタルク感じて気づけばまぁ、この様である。

この間どのような日々を過ごしていたかを振り返ると、一日中溜まった本を寝そべってひたすらダラダラ読むという調子の繰り返し。それ自体は悪くないというか、むしろ頭ん中身がスッカラカンな俺としては知識の塊である書物を味わうということはとても有意義なことだったとは思うのだが、なにぶん根がなにか面白いことをしないと、感じないと死にたくなっちまうぜな性分なので日に日に心が萎れていくのがわかった。

そんなのっぺりとした今月だが最近心躍ることが少々あり、その中でも先日かっしゅ氏と遊んだ出来事が特に印象深かった。

先日、かっしゅ氏とは実に久々に再会、合流しそして久々に当てもなく車でウロウロとどこぞの山岳方面にドライブしていたところ、途中流れる渓流の景色になんとなく目を奪われ我らは車を止め、その川岸に歩み寄ろうとちょいと急斜面の崖を軽快に滑り降りていった。

c0012768_15573919.jpg


まるで田舎に帰ってきたかのような素朴で寒々しい山景色をごっつい大岩の上で腕組みしながら「ウンウン、えがった、来てえがった」としみじみと味わったのだった。

そして心もまた田舎に、というか童心に、というか野生に還ってしまったのかそこからの我らの行動は実に奇怪であった。その奇怪な行動のかっしゅ氏のブログにて実に詳細に(滑稽に)書かれているのでよければ目を通していただきたい。→

それはどうしようもなく、どうしようもない「ガキの遊び」であった。
でも今この年にやるからこそこの「ガキの遊び」はガキのときには持ち得なかったリスクとメリットの概念を妙に意識してしまうことで、それが逆に己に妙な滑稽さを生み、これまた妙なスリリングを感じ、心は「面白い」と昂ぶったのだ。

c0012768_15575746.jpg

                    「うほっ」


こんなアホな遊びを死ぬまで楽しめるようであれば本望だと遊び終えて缶コーヒーで互いに乾杯したときにふと頭を掠めた。
[PR]
by hohoiman | 2006-02-27 16:24 | 近況

俺よ、資金の貯蔵は充分か?(汗


・・・行こう、漫画喫茶へ。
[PR]
by hohoiman | 2006-02-25 12:33 | 近況

本日の肴


以前から注目していた音楽サークル「趣味工房にんじんわいん」様の作品をお取り寄せしました。

c0012768_19472349.jpg



             「聴くRPG」、伊達じゃないっ。




[PR]
by hohoiman | 2006-02-17 20:08 | 近況

春ミッケ、正気に戻ろうぞ。


科学万歳、資本主義万歳な現代社会に侵された現代人の特性というべきであろうか、俺は自他とも認める「寒がり」である。生まれも育ちも雪国秋田県、今冬期も自衛隊が助太刀におこしになさるほどの積雪の日々が続いている。そんな土地の中で俺は18年間に渡り生活を送ってきたというのに、寒いのは、イヤンなのだ。これは変えれない、譲れない、いや譲ろうか、いや誰もいらんか、そうですか。

はてさて。

そのような傾向にある俺は、近年、冬の時期になると途端に生活に支障をきたす。

本来ならば自炊しなければならぬ身でありながらなにかにつけて「男、戦を目の前にして尻尾を巻いて逃げ出す、これ恥ずべきことなり。こん月は我が学び舎において後期試験という戦があり、これに我は参らねばならん。この戦、一年又は半年にわたり調達した武具の手入れ、加えて我が秘奥義を完成させねばならぬ、などの前支度なども調えなければならぬため抜かりならん長期戦が予想されるのであり、我は自宅にて自ら食すものを自ら拵えるなどといったことを行うということは甚だ煩わしくその余裕もあらぬため、それを放棄、外食のみに徹し戦事に専念すべし。」などというとにかくワケもわからぬことをぬかし、そしてその腑抜け根性まっしぐらな愚行を実行するのであるからもう始末に負えないのであった。

だがそんな畜生にも一時であるが世間様でいうところの人並みの正気へと戻る頃合いがあるようで人間というやつは得てして面白いものであるなと実感するのであるが、驚くべきことに本日はまさにそんな一日でありました。

先日の戦で消耗した我が弱体がなにやら「冷いものを掴んでしまった」ようで更に弱りきった状態で寝込んでいた昼下がり、ふと目を覚まし柔らカーテンを「カシャリ」と開けると暖かな光がさしこんでおり、寒がりな俺は普段ならば躊躇してしまうところであるが、なにを思ったか、俺の相棒である寝ぼけ無意識様は硝子窓を「ガラリ」と開けたのである。

「畜生ッ、しまったっ、やっちまったっ、さみぃぜこんちきs・・・あら?」

この時俺はとっさに後方にあるヘブン(布団)にジャンピングダイブ、潜り込みまるで原始人がほの暗い岩穴の中で氷河期を耐え忍んだかのような精神的にも身体的にも(社会的にも)「身構え」ていたのだが、なにやら様子がおかしい。

空はカラっとしていてお天道様が燦々とそこに居座っておる、うむ、これは良い。だがこの時期だ、普段ならば腑抜けきった俺を切り裂くようなあの暴力的なまでのチメタイ冷気が入り込んでくるはずなのである、が。

「ぬくい・・・」

あったかい。まるで暖房要らずの暖かさ、いやいや、エアコンダクタなどの電力と金を食いまくり、挙句の果てになにやらクッサイ乾燥した劣悪な且つ足元まで暖まらないショボイ温暖風に比べこの暖かさはなんだ。じんわりと足元、芯まで暖かくなってくるこれは一体なんなのだ。

これは、これは・・・春。

そんなぬくもりを感じたどうしようもない俺はもうどうしょうもなく外へと繰り出し、川沿いの土手で日が暮れるまで久々に散歩をし久々に台所で飯を拵え、食らったのであった。
[PR]
by hohoiman | 2006-02-15 23:09 | 近況

真相


スポーツに疎すぎる私ですが、それと同時にすこぶるミーハーでもあり、只今行われているトリノオリンピック、やはり注目している日々を過ごしておりますよ。

それにしても今期は吉報がなかなか届かない日本勢・・・

結果が全てという世の風潮は大嫌いだし、十分に健闘してることは伝わってきてるし胸震えるのですが・・・やはりなんだかスカッとせず。

特にスキージャンプが好きな身としては、



は、原田っ・・・

これは、やはり残念だったなぁと・・・

そんな中↓こんなものを発見、読んでみた。



は、原田っ・・・
[PR]
by hohoiman | 2006-02-14 11:04 | らくがき。

物欲MAX


あるはこんなことを言った。

「「欲しいもの」を買うんじゃない。己にとって「必要なもの」を買うべし。」

、と。







そんなわけで「必要なもの」を買おうとしている今日この頃です。

うん、必要だよ?
[PR]
by hohoiman | 2006-02-10 15:37 | 近況

「やる。」ということ


俺は、やらん。

なにも、やらん。

なんにも、やらん。

つまりは「やらんをやる」ということなのだけど、この「やらん」っつぅことをなんとするかってぇのが問題で重要だ。

そこら辺をほじくっていくと、ただ「感じたい。」ってそれだけなのよ。

 なにかを感じるときに、じゃあなにか、なにかをヤッテたりするのかい。

なんて調子で。

だからなにも、やらんの。

傍からみて、

俺のそれが、やはり「やっている」ようであっても、しらん。

そんなふうに、やりたい、なぁ

・・・

だからやらんよ、俺は。

やらん。
[PR]
by hohoiman | 2006-02-09 20:55 | らくがき。




呟きが無駄に多い喫茶所。                           「ごゆっくり。」
by hohoiman
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール
所主:「ほほい。」

・秋田県某所在住。

・絵を描いたり、唄ったり、食べ歩きしたり、チャリンコに乗ったりしてます。

・福祉関係の仕事をしております。


なにげない日常を歩くように歩んでいます。


~リンク~

みっくすきゃっと

日本のどこかにいます

かっしゅの、のんびりな旅路

pixiv
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧