カテゴリ
全体
近況
らくがき。
絵事
食生活
思い出
スケッチ
課題
作業記録
ライフログのログ
歌ってみた
お薦め
未分類
お気に入りブログ
Yokohama N-D...
cafe花猫
ハラ八分目
KONNTONN.EXB...
最新のコメント
仕事をしながらの作業は大..
by pk-102 at 21:13
>>混沌くん あり..
by hohoiman at 19:59
ハッハッハwそう感じてい..
by hohoiman at 19:38
ブログパーツ
以前の記事
2013年 10月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月


<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ナンチャラ革命 ~普通概念嫌悪感~ 


昨日の夜は久々になんだかはしゃぎ過ぎて、そして今日はその反動がきたのか落ち込みがちょっときつかった。

やっぱりもうちょっとゆっくり過ごさないとなぁと思うのだけど、もう一方で「それ怠けっすよ」と思って(責めて)しまう自分がいる・・・

そんな自分に「ンガヨ・・・ヘバ、ドウヘバエッテノヨ」って感じだ。
(↑訳「コノヤロウ・・・ソレジャア、ドウスリャイインダヨ」)

とにかくなにか突き進んでいる人達、特に知人友人、総じていうと身内と思える人達に対して「羨ましい」なんて野暮に感じるのがなんか嫌なんだなぁ、とか最近思う。

だって「羨ましい」の背後には発するものの「やましさ」というニュアンス、匂いが感じられるから。

それじゃあ俺はそうじゃないならどうしたいんだろう、というと、言葉に詰まってしまうのだけど・・・ええい、理想は語るべし!

 基本的に誰とでも「対等でありたい」とは思うわけで

なにかよくわからんのだけど、そのようわからん対象を「受け入れたい」んですよね。



話は逸れるんですが、今日は少女革命ウテナ観てました(前も観たけど

あの演出手法好きだなぁ、と思うし、なにかの風刺モノっぽくてやっぱりそれも好きだし、なにより「カッコイイ」、それがいい。

まぁ人間臭すぎて人間不信の引き金を引きそうな感じがある作品だけど、んなもんは受け取れる側の問題であって作品に罪はない。俺的にはこの作品に魂を感じるのだけど。

って、なんでウテナの話を持ち上げようとしたんだっけ・・・

たぶん劇中、心に留めてもいいんじゃない?みたいな台詞みたいなのを見つけて刻んでおきたいと思ったのだけどわすれてしま・・・あ、思い出した。適当だけど確かこんな感じだった。



Aさん「今まで俺変人だったけどこれから「普通」に戻るわ(鬱」 

Aさんの友人 「「普通」じゃないのがテメェの「普通」なわけですよ!(そこにワイ惚れてんねん!故に、)そんな貴様なんて私許さないんだからっ(ツンデレ?」

Aさん「ナント、確かにそうかも・・・(その間間がありました)よっしゃ、目が覚めた。あんがとよ、サンクス。」

(立ち上がり)

 続Aさん「俺の「普通」を取り返してくるよ。」


↑確かこんな感じ(本当に適当デス・・・


うん、なんかよかった。いい。

ってことで

 周りが強要するつまらない「普通」ってやつをイコール「普通」だなんて思わない。(だけど「知る」必要はあるだろうと思うので「聞く耳」は持ちたい。)
 少なくともそのまま鵜呑みにするのは、面白くない。

 できることなら面白い異常、輝きを放つなにかを嗅ぎつけて、拾って、そして抱いていきたい。
 
 そういうことがなにかの「豊かさ」で、皆大好きな「普通」という言葉に内包された本当の穏やかさ、惹きつけるものの正体なんじゃないのだろうか。

これ大切ね、きっと。

だからこの文を触れて「うひゃひゃ、きめぇ」と思われる方、貴方正しい。
そしてそれでもまだこれからもお付き合い願えるなら、俺嬉しい。
[PR]
by hohoiman | 2006-09-30 23:24 | 近況

半日夢旅の跡


昨日は夕方から夜初めにかけてなんとなく気分が落ち込み気味で何もする気が起きなく、薬を飲んでとっとと横になったわけですが、個人的には12時くらいに起きてなにかしらできればいいかなぁ、なんて思ってたわけです。

ですが・・・起きたのが朝の7時半。

約12時間夢の世界へご招待されていました、ファンタスティック!(個人的に

たしかに十分すぎるほどのゆっくりできた気がしますけど、これ、いいのか・・・怠けまくってませんか俺?

そう考えるとまた落ち込んでしまうのだけど・・・やっぱりこれはこれで良しと、考えた方がいいんですかね?

時の過ごし方がまたちょっとよくわからなくなってきてきました・・・
[PR]
by hohoiman | 2006-09-28 08:33 | 近況

意書


学校が始まって「しんどいかなぁ、耐えられんのかな」なんて不安極まりなく思っていた今日この頃なのですが、まだ二日目なれど心境は穏やかなもので、ちょっと意外。

それもこれも自分のこんな状態を周りの人がある程度察してくれているおかげが大いにあるんだろうと思うからありがたいというか、ありがとう。

自分の状態もある程度把握できてきたし、この調子だと回復も早そうです。というかむしろ以前には考えもつかなかった「新しい自分のなにか」ってやつを見つけ出せるんじゃないかなぁ、なんてふうにも思えてきました。ほんとそうしたい。

とはいえ、来月は例の行事を筆頭に色んなことが起きそうで、それらに振り回されて、自分(特に内面)もまたどうしようもなくなってしまうんじゃないか、という不安が今からあるのも本当のところです。

なにがなんだかわからなくなるのが、怖い。

だから今、こうして落ち着いて物事を自分なりに考えられて自分らしく決められる実感がある今だから、何かに対して「どうかなんとかなりますように」なんて祈りみたいな意思表明を、ここに。
[PR]
by hohoiman | 2006-09-26 17:14

一日初めの呟き


今しがた起きてみて、気分的には少し悪いのだけど、どうやら外は日が照ってて気持ちよさそう。

ツ○ヤにCDを返しに行くついでにご飯を買って近くの公園とかで食べてみるか。

昨日、近くで評判のお惣菜屋さんの美味しいらしい弁当を初めて食べてみたけど・・・たしかにすごく美味しくて申し分ない!値段的にも。品目も多し。

ただその場所が線路を挟んだ場所にあるからちょっと面倒だったりする、って、ツ○ヤのほうが遠いのに。

なんで時に人って遠い場所に嬉々として向かおうとするのに、近い場所には至極面倒極まりなくうざったく感じてしまうもんなんだろう。しかも時にそれが逆転するから人は更にわからない。

部屋の散らかり具合は微妙、でも片付ける気にならず外へ行こう。これも立派なソレだなぁ。

とりあえず行ってこよう。
[PR]
by hohoiman | 2006-09-24 11:21 | 近況

恐怖


ガタンゴトン、車内、ガヤガヤ、雑踏、学び舎、行き交う人

人、

人、人

人、人、人・・・

友人、知人、恩人、されど

 他人。


んなこと、わかってる・・・

 つもり、だったのかな・・・

なんだろ、わけがわからない。

大切だ、人は大切だ、人は人が大切なんだ

特にその人が「自分」を覚えててくれて、そのうえあまつさえ「思って」もらえるなら、これ以上の喜びはないだろう。

そんな人(達)は、いてくれることはわかってる。

だから僕にとってその人達は本当に本当に大切だって、わかってる。

だからいいたいことはきっと絶対に「ありがとう」なんだ。


でも、

でもね、

今、

とても、なにかが、怖い。

・・・ごめんなさい。
[PR]
by hohoiman | 2006-09-22 21:55 | 近況

心○音楽


起きてから寝るまでが「今日」だとすると、俺にとって、今日の今日は良い一日だった。

なんとなく。

そしてそれは「今夜」も、そう。

意識は久々に机の方へ向かい、紙の上になにやらつらつらと描き事を進ませていた。

その最中は、終始MDウォークマン、イヤホンを使用し耳、そして脳天へ直撃。「曲」を浴びる。

そうすると俺はたちまちその「曲」によって支配され気分は高揚し、外界への意識が一時的に遮断。(…単に周りが見えなくなっただけだけど)

気づけば俺は「曲」に、目の前の「紙」との一騎討ちを要求させられていた。

普段人とのコミュニケーションではノリがイマイチ微妙なくせに、ここぞ、とばかりにノリノリで合点承知。

描く。

俺は、描く。

描いた。

~数時間経過~

疲れた。

俺は、疲れた…

だけど「曲」の要求は絶え間なく続くものだから、思ってしまった。
呟いてしまった。

 「うぜ。」

その一言を発端として俺は「曲」の要求を断固拒否することを決行。

つまり、イヤホンを外し、紙、机から離れ、冷蔵庫にあるペットボトル烏龍茶(2ℓ)をグビリと飲み干して一息ついてから、アパートを後にした。

外へ出てみると一瞬少し肌寒く感じたけど、涼しくて気持ちいい、と次第に落ち着いてきた。
そしてしばらく近所を散歩。

チョボチョボと点在する街灯がチラチラと真っ暗を照らしている景色。

その中には得体の知れないダレかやナニかが潜んでいるのかどうか、なんて考え出すと、物騒極まりなくたまらなく怖い。

だけど、

闇の中にいると圧倒的な静けさと、ささやかな虫の音が響き渡っていて、聴こえる。

それはその時の俺にとって、限りなく優しくてとても素敵なことで、思い浮かんだ自分の呟きがちょっと考えものだなんて、今この頃思う。

「これ、音楽だな。」
[PR]
by hohoiman | 2006-09-21 02:12 | 近況

湯船に揺られて


最近ずっと身体を洗うのにはシャワーしか浴びなかったんだけど、思い切って久々にお湯を浴槽に溜めてみた。

トポトポとお湯が注がれるところを眺めてみると、なんだか実家でよく淹れていたコーヒーがコップに注がれる情景が思い出されてきて、これまた上手くいえないけど穏やかな気持ちになれた。

お湯と浴槽とが表面張力で頑張っているところを見計らって、とっぷりと身体を沈めてみた。

お湯はバシャリと外に溢れ俺は、じんわり。

狭い浴槽、湯船だけど思いっきり足を伸ばしてみる、猫の如し。

なんだか身体の内側に凝り固まってたキモチワルイものが溶けていきそうな感覚は、ちょっと得も言われないものがあるような・・・

このままゆったり……

~30分経過~

そして、ぐったり……
[PR]
by hohoiman | 2006-09-18 13:47 | 近況

普通の奇行


部屋の至るところを雑巾で拭いてみた。

前に拭いたのはいつだったか、案の定、すぐに雑巾の白は真っ黒になってしまって、これじゃあいけない、拭けない。

真っ黒を水で流すと白にはならなかったけど少し小奇麗な灰色になったから、これでいける、拭ける。

また拭き始めた、また黒くなった、なんのまた、また洗った。

それを繰り返し、繰り返し、繰り返したら、ハラヘッタ。

「・・・メシ、作ってみようかな」

久々に、本当に久々にそう思えた。

鬱陶しかったキッチンの残骸は綺麗サッパリ片付いたことだし、いっちょやってみるか、なんて意気込んでみた。

米を研いで炊飯器にセット、スイッチon、放置。

小鍋に湯を沸かして煮干を入れて味噌を溶き入れて賽の目に切った豆腐を投入、放置。

チキンコンソメの元を湯で溶かしたものを小鍋に入れて冷凍ロールキャベツを3つほど投入、アルミホイルをその上に被せて蓋代わり、加熱、放置。

待っている間は自由、つまりは暇。
ふとなぜかキテレツ大百科の「お料理行進曲」を歌ってみた。

「イッザススメェヤァキッチン~♪」

なんか、思いのほかちょっと楽しかった。

「メッザセェバジャッガイモ~♪」

~略~

「アッゲレ~バコロッケ…ダァヨ……」

途端に感じる一抹の空しさ。

……まいった。


 (キャベツはどうした?)


俺作ってるの、ロールキャベツ・・・



「コロッケ、食いたくなってきた」



俺食ってるの、ロールキャベツ・・・
[PR]
by hohoiman | 2006-09-16 23:32 | 近況

ご利用は計画的に。


「すみません」

その一言は人間関係、物事の潤滑油。

白状すると私、本当によく使う言葉です。

だけど思うんだ。
今更ながら思うんだ。

その一言一言は、なにか・・・こう、なんつぅか・・・


 魂

 削ってない?


別にどうしようもないけど、どうか貴方にとってそれは「壊れてしまう」ものじゃなく、「磨かれる」ものであってほしい。

どうか、売り渡さないで。

魂は、貴方の心と身体の中に。
[PR]
by hohoiman | 2006-09-13 21:02 | らくがき。

変人変窟変革


安定剤と休日を手に入れて早3日が経ち、調子どうっすか?と問われれば「ボチボチっすよ」と応える余裕も出てきました。

気力体力、僅かに上昇中。

この調子でもうちょっち神経休めたい。

身体を思う存分伸ばし、寝転がりながら本を読み、音楽を聴き、茶なんて飲んでくつろぎたい。

やってみっかといざ実行、が、即ガサリとする音、違和感。
目を向けてみる。

袋、スーパーの袋、袋に袋、おにぎりの袋、etc

床が見えない。

蹴飛ばしてみる。

床が見えない。

袋の下にはプリント、レジュメ、内容、介護、落書き、あやめ、etc

「燃やしてやろうか」

一瞬魔が差したけど大人しくお片づけ。

苦手だけど性に合っているから不思議。
[PR]
by hohoiman | 2006-09-13 11:03 | 近況




呟きが無駄に多い喫茶所。                           「ごゆっくり。」
by hohoiman
プロフィール
所主:「ほほい。」

・秋田県某所在住。

・絵を描いたり、唄ったり、食べ歩きしたり、チャリンコに乗ったりしてます。

・福祉関係の仕事をしております。


なにげない日常を歩くように歩んでいます。


~リンク~

みっくすきゃっと

日本のどこかにいます

かっしゅの、のんびりな旅路

pixiv
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧