カテゴリ
全体
近況
らくがき。
絵事
食生活
思い出
スケッチ
課題
作業記録
ライフログのログ
歌ってみた
お薦め
未分類
お気に入りブログ
Yokohama N-D...
cafe花猫
ハラ八分目
KONNTONN.EXB...
最新のコメント
仕事をしながらの作業は大..
by pk-102 at 21:13
>>混沌くん あり..
by hohoiman at 19:59
ハッハッハwそう感じてい..
by hohoiman at 19:38
ブログパーツ
以前の記事
2013年 10月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月


<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

終月の終日生活


今日は学校の方が休講になったためもあって一日休みが決定したので、とりあえず深呼吸、散らかりまくったマイルームを一瞥し、

 「きたねぇ。」

と、思わず口から独りでに零れ出るほどにちょっち部屋と自分の生活状態の末期っぷりをこの上なく感じ、毎度のこと今更と感じるのだけれど、久々に家事を中心にやってやろうじゃない、と思い至った。

とりあえず玄関先にこんもりと積もりあがった山、もとい衣類の類を洗濯機に半ば強引に押し込み、ウォッシュした。一度じゃウォッシきれなかったので二度に分けて。

ウォッシュしている間は特に何をするわけでもなく、本当はキッチン、トイレ、浴槽周りをなんとかをキュッキュしたりだとか、プリントや書籍の類を整理整頓なんてしたりするとそれは実に合理的な行動であり鬱屈とした我がアパートメント、もとい借部屋はたちまち息を吹き返し、「ボンジュール、私にようこそ」なんて風に世間という客を招きいれても可笑しくない、至極まっとうなアパートメントへと更生を果たし、俺も「ボンジュール」なんて言える世間様に顔向けできる人間になれるかもしれんと頭を過ぎり、独り「ボンジュール」と呟き、やってられん、アホか、と二度寝したのであった。



所変わって昼過ぎには川越にて濱ちゃんと合流し、カラ鉄315号室にて約3時間ほどカラオケをした。実に弾けた、いいオケだった。

濱ちゃんは授業のため濱ちゃんを改札まで見送ったあと、入れ違いに裕鬼さんと合流し、ドトールココアを啜ったあと、明日の授業に使う用品をダイソーにて購入し、大層値が張るが面白心満載なゴスチックな服を鑑賞したあと裕鬼さんをホームにて見送り、すぐそばにあったホーム合設吉野家で俺はソースカツ丼を食した。うまかった。



そして先ほど帰ってきたのだけど、当然のことながら部屋の散乱具合が天晴れ極まりなく眩暈を感じたのだが、今の俺は数時間前二度寝不貞寝こいていた俺ではなく、やれそうな気がするのである。

そう、俺はやる。

・プリント整理
・科目整理
・スケジュール整理
・資料整理
・おべんきょ

きっとやる。

そして寝る。
[PR]
by hohoiman | 2006-11-30 21:03 | 近況

price・less


大切なものに価値をつけるとき、それは奴隷に成り下がる。

だからそんな野暮、無くていい。
[PR]
by hohoiman | 2006-11-25 01:56 | らくがき。

大山秋豆腐


先日の週末はチャメ氏と共にちょいと伊勢原市の大山という場所へ訪れてみました。

今回はそのことについて書いてみようと思います。


~11月17日~

学校を1限のみ出席し、午後は歯医者による虫歯治療を受ける予定があったのでほぼ確信的に4、5限をサボった。

未来なんて絶望的なものより今感じる痛みに対抗するのだ、すなわちそれが未来と向かい合うってことじゃないの?という気持ちで臨む。歯向かう。

でも2回休みという事実は事実、やはり未来に少し凹んだ。

歯医者、
というか病院の類は何度通っても苦手意識が働くなぁと思いつつ虫歯治療を受ける。

キュイーンキュイーンガガガ、痛い。

歯茎が地味に状態が悪いらしく血が染みでていて、ちょっちシュール、思い知る。もっとちゃんと磨かないとあかん。vs俺。

その後チャメ氏から送られてきたメールが届いた。

それは明日氏と予定していた伊勢原市・大山観光の件において何時に集合しようかしらん、なにも明日でなくでも今日来たらよいではないか、ええじゃないかという内容。

その提案、実にナイス。
もはや本日の予定はゼロであるから至極当然としてその提案を拒む理由は無し。

即賛成。
いざ参ろうぞ、お邪魔致しますとの旨を伝えた。



その後チャメ氏宅にお邪魔する。呑んだくれる。



~11月18日~

昼ちょっと前に起きる。

快晴申し分ない。

新宿から小田急線に乗って伊勢原駅へ向かう、そして着く。

バスに乗る、300円、揺られコンドル。

田舎道、バス乗車の仕方について談義、山沿いに差し掛かると道路が狭くなって交通がなんかアカン、運ちゃんの運転がちょっと殺伐、こわい。

それはそうといよいよ山の紅葉が見えてきた。でもそこから見えるそれはまだまだ盛りが足らん。それでも晩秋のそれをいち早く感じた瞬間だったので胸が高鳴り既に来てえがったと確信する。チャメ氏も駄洒落にギアが入りいよいよ昇るぜといったところ、いい頃合だ。



~続く。
[PR]
by hohoiman | 2006-11-21 02:03 | 近況

ジャグリング ⑦.1


椎奈さんから受けとったものをこの場で晒してこます。

 「恋愛バトン(注:mixiとほぼ同様の内容です)」

ではいきます。


●恋人がいる人は恋人について、いない人は過去の恋愛・想像で書いて下さい。思う存分ノロケましょう●

イヤン。

★あなたには付き合ってる人がいます。前の大好きだった恋人がヨリを戻したいと言ってきました。ヨリを戻しますか?

一度終わった恋心の再燃ってできるものなのかちょっとわからない。
ただ俺的にはちょっときついかも。

たぶん自分の中で完膚なきまでにケリをつけているだろうし・・・ 

★今までで一番嬉しかったプレゼントは?

なんだろう、一番ってのがわからない・・・

★恋人は歌が上手い方がいい?

特になし。
ただ歌うことが好きだと嬉しいかも。

★恋人を可愛い or カッコいいって思うのはどんな時ですか?

笑顔な時。
例え負の面でも感情を素直に出してくれている時。(まぁ辛いけど

★逆に嫌だなぁと思う瞬間は?

そっけなく対応される時とか・・・


★相手のどんな瞬間に怒る?

たぶん自分の大切なものを否定されたときとか・・・
他にもあるだろうけど、思いつかないです。

★ぶっちゃけ20過ぎてて童貞はどう思います?

しょうがない・・・よね。

★デートでは、リードしたい?されたい?

したいですけど、もしかしたらされたい願望もあるかもしれん・・・

★デートは、やっぱ割勘派?それとも全部払う?払ってもらう?

割り勘ですね、公平に。
なにか必要な時には全部払ってあげられるだけの器量は持ち合わせていたいですけど。

★浮気した事くらいありますよね?

ないっすね。

★自分の全然趣味じゃない服を恋人が好きだった場合、その服を着ますか?

ちょいと頑張るかも。
それで新境地が開ければ面白そうだしw

でも数回着てあかんかったらもう着ることはないでしょう。

★恋人にしてほしいコスプレは?

それを俺みたいな変態に聞いちゃいけないと思います。
・・・ねこm(略

★今までで別れた原因は?一つでも教えて下さいよ

相手を信じることができなかったからなんていう自分の器量の小ささのため。

★恋人にはどのように甘える?甘えられたい?

キモイので書けませんw

★あなたはS・Mどっち?恋人はどっちがいい?

時と場合によって変化するかと。
相手も様々で、きっとどちらでもいい。

★正直…Hは好きですか?恋人以外でもしたい?

経験がないのであれですけど、たぶん好きなんでしょう、そりゃあもう。
でもかな~~~りそっちの方面が苦手なんだと自覚しています。

んで己の性欲の矛先自体は恋人とか関係なく誰とでもしたいんでしょう、救いようがないんです。はっきり言って風俗にいけるもんなら行きたい気持ちが強くあります。

でもできることなら、その恋人一人以外には本当の意味で「したい」なんて思いたくないですね。

見栄というか、意地みたいなもんで、どうしてもそっちを尊重したいんで巡り合いがなければ死ぬまで童貞でいたいですね。 

★恋人の前では、良く見せるために自分を作ったりしますか?

よくなるもんならよくしたいです。

★今何を考えてます?

我ながら相当痛いこと書いているなぁ、と。

★自分の恋人を友達に見せたいですか?

どうでしょうねぇ・・・ひけらかすのは好きじゃないんですが、むしろその恋人さんに自分の友達を知ってもらいたいってことで会いにいこう、みたいな。

★あ、そういえば好きな人いますか?

いないです。

★いる人に質問。その人は可愛い or かっこいい?しょせん顔ですか?

いないのでスルー

★理想のタイプは高いですか?恋人は理想のタイプですか?

理想に高いも低いもあるもんなんでしょうか。

★あなたが恋人に自慢できる所を思いつく限り教えて下さい。

面白凄い各友人&知人達と巡り合えたということを自慢します。

★恋人はサンタクロース?

は?

★キスしたい時どうする?

キスする。

★今は幸せ?不幸せ?

幸せです。

★へぇ~良かったですね。

良いだけじゃないですけどね。
だからといって不幸は、本当に怖いですけど・・・なんだかんだいって、臆病なので。

でも幸せなら全て良し、だなんて概念は心の底では決して受け入れられない。

そんなことよか、奮いたい。

それが全て。


★じゃあ最後にこのバトンを回して下さい。

是非、かっしゅさんに!(・∀・)
[PR]
by hohoiman | 2006-11-16 17:42 | らくがき。

ハリー旅行を終えて


 昨日今日のエピソードは、とても淡々としていたと思う。

夕方に部屋に戻ると、布団に寝転がって図書館から借りた読みかけのハリーポッター5巻の上巻を読み始めた。

さしあたってこの作品(のシリーズ)は物語の流れからゾクゾクくるような感動は俺にはどうも得られないみたいだけど、それでもこの作品に刻み込まれた世界にグイグイと引っ張られて、なんだかすっかり本の世界を旅行しているような体験をさせられたように感じる。なんだかんだいってやっぱこの作品はすごいかもなぁ。魔法っぽい。

まだ昔のように、自分は現実世界だけじゃなくて物語世界を旅できるんだなという実感があって、なんだか少し嬉しい。

だけど玉に傷なのが、旅の最中は時を忘れてしまうってこと。これもまた昔のように上手くいかない。

本が終わる頃には身体はグッタリとして気だるく、外はすっかり日が昇っている。・・・ぐぅ



本日、平日。

反省。
[PR]
by hohoiman | 2006-11-09 16:19 | 近況

寝る。


 昨日は前日にしたくもない徹夜をしたせいもあってか、学校からアパートに帰ると疲労困憊が一気に押し寄せてきてしかも風邪っぽく頭痛がガンガンとこましてきやがったので、そのまま玄関先で倒れ眠りへ誘われたいというその一心だったのだけど、どうやら疲れすぎたのか神経が過敏になってしまったため、そのままじゃぁ寝るに寝られないという実にイラっとくる状態、なにか嵌められた感と呼べるものがあったので、埒が空かず気に食わず…何に、俺に、それじゃあわからぬ、むむそうか、具体的に言ってみよ、神経?、よしvs、と相成った。

とりあえず風邪薬とバナナ、そして染みコーンをバリボリムシャリサクッと咀嚼しその後胃に詰め込んだ状態をしかと確認した後、人様にはお見せできぬ奇怪難解な踊りを踊り…というのも別に踊りたかったわけではない、シェイクしたかったのだ。

4,5分ほどするとピタリと活動が停止し、疲れ果て、虚無感と絶望の淵に立たされたが間一髪、ちょうどよく風呂が溜まったみたいなのでその中に逃げ込んでみたのだが、

 (ジュ・・・)

「ワァッチッッッ!!!」

湯と火の加減を間違えるとどうなるかを身をもって体験したような瞬間だった。だけどこの時ちょっと逆ギレ。

「ンガヨナメンナ!!!」

昔あった「熱湯CM」なるものを身をもって体験したような瞬間だった。ここまでくると我ながら救いようがないとこの上なく感じたのでなんとなくドスちゃんの「罪と罰」を読み始め、寝た。



~蛇足~

久々の快眠、気づくと11時を廻っていた…
[PR]
by hohoiman | 2006-11-07 20:22

怖がりがパンクロック


先週から今週にかけての日々を振り返ると、なんだか結構積極的に遊び遊べた気がする。

少し前からに比べると些かハイ過ぎないか?と思わなくもない自らの行動と感情を見つめてみると、近頃ゆるりとしていた心持がなんだか調子づいて(調子こいて)しまうような感覚を覚えている。

穏やかさとはまるで正反対の性質。

抑えられない昂ぶり、乱れ狂い。

これもまた俺の性質の一つだなぁ、と今更ながらもう幾度となく自覚してきたことを再度自覚してしまう。

今まで味わってきた痛みとそれを上回るであろうこれから訪れる想像を絶する痛みを思う時、不安と焦りと絶望が迫ってきてどうしようもなく、たまらなく怖い。たまらなく臆病。泣きたい。そして泣けない。

苦々しい留まり。

たまにあるのだけど、今日はそんな一日だった。
気持ち、ワルイ。

今日は、課題を片付けようと思っていたけど…未だ白紙。

明日は、所要があって着手できない。
実質上、明日の朝までになんとかしなきゃいけない。

めんどくさい。
やりたくない。
なんでじゃあ。

だけどその実、まだやれる自分がいることに気づく。

 (しまった)

と思う反面

 (シメタ)

それにしがみつく。

その瞬間、十中八九、穏やかさからは無縁の境地に至る。

きっとそれが生の中毒、華、その醍醐味。
やめられるわけがない。


やってやろう、コノヤロウ。
[PR]
by hohoiman | 2006-11-04 21:50




呟きが無駄に多い喫茶所。                           「ごゆっくり。」
by hohoiman
プロフィール
所主:「ほほい。」

・秋田県某所在住。

・絵を描いたり、唄ったり、食べ歩きしたり、チャリンコに乗ったりしてます。

・福祉関係の仕事をしております。


なにげない日常を歩くように歩んでいます。


~リンク~

みっくすきゃっと

日本のどこかにいます

かっしゅの、のんびりな旅路

pixiv
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧